システム設計を変更(Ver. 2.2)

6チャンネル・ボリューム(マスターボリューム)を廃止し、各パワーアンプに、プリアンプから制御可能な電子ボリュームを内蔵させることにしました。

2018年10月14日