PE-114 Petit

2018/01/29 作成
2018/02/02 更新

ステレオ・フォノ・イコライザー・アンプ

PE-114 Petit rendering
特長 MCカートリッジ用フォノ・イコライザー・アンプ、LT1115 x2、LT1010 x2 使用
概略仕様 回路方式:NF型.利得:60dB(@1kHz).入力インピーダンス:100Ω.電源:リチウム-イオン・バッテリー.
外形寸法 アンプ部 300mm(W) x 100mm(H) x 150mm(D).重量:1kg.電源部 200mm(W) x 60mm(H) x 150mm(D). 重量:1kg.
コスト (未定)
履歴 2012-13年設計、2018年製作開始予定.現在設計見直し中.

 


コンセプト

このアンプは、Gaudi II のシステム設計がまだ構想段階にある時、Gaudi II で使用するフォノEQ・アンプとして企画しました。
その頃は、Gaudi II のメイン・ソースはデジタル・メディアにしようと考えていたため、フォノEQはプリアンプに内蔵させず、独立したアンプにすることにしました。

その後検討を重ねた結果、Gaudi II のメイン・ソースはアナログ盤と決めました。フォノEQはプリアンプに内蔵することにしました。
このアンプを Gaudi II で使用する可能性はなくなりましたが、書斎用のサブシステムでの使用を目的として製作することにしました。プリアンプに内蔵するフォノEQと異なる回路を採用することで、両者の音質比較を行いたいとも考えています。

愛称とテーマ音楽

本機には Petit(プティ)という名前をつけました。フランス語で小さいとか、かわいらしいという意味です。英語のlittleに相当します。日本語でもよく使われる「プチ」の語源です。「プチ贅沢」などど言うときのプチです。本機の型番(PE-114)を眺めているうちに、なんとなく思いつきました。
テーマ音楽は、モーツァルトのアイネ・クライネ・ナハトムジーク(Eine Kleine Nachtmusik)としました。ドイツ語のkleinがpetitにあたる言葉であることから、これを選びました。演奏はフランスのオーケストラであるパイヤール室内管弦楽団としました(CD, Classic Library - Haydn/Mozart, BMG CPL 3002B)。
アイネ・クライネ・ナハトムジーク


詳細については、旧ホームページをご覧ください。こちら